2010年01月02日

HAPPY NEW YEAR 2010

明けましておめでとうございます。

旧年中も、応援してくれた皆様に心からお礼を申し上げます。

2009年は、FLOPPYに参加したり、vezが解体したり、色いろありましたが、死角だった側面を凄まじく思い知らされ、避けていた何かは、何れ避けられないんだなと、気づかされ経験させらた年でしたね。

沢山緊張し、沢山集中して、沢山注意を払って表現したので、それはドッときましたが、2010年はその分、意識のアンテナがより広くなって物怖じしない精神面を、若干でも強めることができたかなと感じてます。

そんな中、今年は、NACANO、AKUH、GHEEEとアルバムをリリースできるタイミングの年なので、楽しみにしていただきたいなと思います。

そして、昨日の大晦日は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作の演劇にて、スペシャル公演カウントダウン・イベントがあり、ライブを演りました。

舞台に出演しているメインの役者さんのバックを務めたんですが、ジャズやボサノバなどを恐れ多くも僕なんかが俄で演奏してしまい、恐縮ではありましたが、とても楽しく素敵な一夜に参加できて大変光栄でした。

これまた、今まで経験したことがないかもしれない緊張を体験したんだけど、落ち着くこと、集中すること、楽しむことを3原則にして(笑)、乗り切りました。

しかしながら、ケラさんの演出の素晴らしさと凄さには、改めて感動しました。

数々の舞台や公演で成功を収めているだけに、こういった一夜限りのスペシャル企画でのショーも、多数の出演者を全員まとめて一つ一つの面白さやマニアックさのマッチングを絶妙に割りあて進行し、観衆から大喝采を受けるというのは、流石であり並大抵の凡人では成し得ない大きさを感じました。偉大なことです。

年始めは、NACANOの曲を1曲リミックスするのと、年明けライブのリハも直ぐ始まるので、中々ゆっくりできませんが、明日からまた気合いを入れ直し、去年の反省をふまえて今年1年また頑張ります。

本年も、どうぞ応援ヨロシクお願いします。

皆さんにとっても、楽しくて笑顔が絶えない年に成りますように☆
posted by YANA at 01:15| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

CLEARWATER DARKNESS

既に3日も過ぎてしまいましたが、18日はAKUHのライブでした。

いつも誘ってくれる、"TEAM.BRAIN"に感謝。そして、TEAM.BRAINのサポートBassのTAKA氏にも感謝!

そして、そして、足を運んでくれた皆さまにも多大なる感謝を!!

年内は、大晦日を残しバンド関係は全てライブを無事終了。

去年、一昨年と、個人的には考えながらというか、悩みながら、模索しながらライブを演っていた感があったので、今年は吹っ切れてライブを楽しめた気がします。ちょっと階段登ったかな。

15歳でドラムを始めて調子良かったんだけど、18〜19歳の1年間ブランクから、ずっとずっとスランプだったから。

世間では、自分を理解して成長する人と、自分を理解してないで背伸びする人と居るわけで、オレは確実に後者なんですが。ウイークポイントをね。全面にさらけ続けてきたわけですよ。集大成ならぬ醜態成(←ウマイ!誉めるとこちゃうけど)を披露ちゃってきてたわけで。

まあ、そんなことも振り返る感じで、スランプから脱却したかどうかは分からないけど、気分は新たな自信に満ち溢れかけている感じ。

来年も色々と試練はあるかと思うけど、2010年という節目の年で、音楽的に新たなムーブメントでも起きて、盛り上がる年に突入して欲しいなと。盛り上げるアイデアを絞り出していきたいなと。

CDが売れない時代だなんていうけど、レコードをステレオで聴いてた時代から、CDをコンポで聴く時期を経て、MP3をPCで聴く現代になっただけで、音楽は生きているからね。

しかしながら、楽曲1曲をバラで、駄菓子買う感覚で手にすることが出来る昨今には、嬉しいときもあれば、切ないときもある。アルバムという作品形体は淘汰されることはないと思うが。

そんな中、AKUHの新譜を完成させた。間に合ってよかった。

3曲入りのシングル『clearwater/darkness』
clear.jpg

http://akuh.seesaa.net/article/135617819.htmlにて試聴出来るの聴いてくださいね♪

来年は、「アルバムを作りたい」とライブ後の打ち上げでミーティングしました。AKUHは自由であるべきユニットなので、制限は設けていないと思う。無限に表現が可能な場なので、めちゃめちゃ柔軟に思いつきでやれれば良いなと思うけど、ちゃんと皆についてきてもらえるように面白い活動をしたい。

フトシくんは今回のシングルで、更により一層、艶と深みと芯が強まってとにかく凛としている。次に向かうブレのない、視線をそらさない真っ直ぐなものを感じた。

HATE HONEYのときから、ずっとレコーディングの歌入れは1テイクが当たり前になっている男だけど、今回も1テイクだ。信じられないね。

アルバムは、完全一発録りから、めちゃめちゃ編集しまくったり、色いろ楽しめそうだ。オレもそろそろAKUHに曲を提供し始めてよいのだろうか。イメージが浮かぶようになってきたからね☆
posted by YANA at 05:02| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

WOMB

一昨日は、渋谷のWOMBにてNACANOのライブでした。

ここは、何度かDJイベントでも足を運んだこともあるし、ZEPPET STOREの東芝EMI時代に、LENNY KRAVITZのアコースティックのライブを観たり、THE CHEMICAL BROTHERSの新譜お披露目イベントでStar Guitarを初めて聴いたり、思い出深い箱でもあります。

そして、NACANOのクラブでのライブは、やはり打込みが栄えるみたいで、ライブの評判もすこぶる良かったです。

ビートがバッツリくる感じのステージは、やはりアガります。上げ上げです。

天井が高い箱は、キックを踏むのがなかなかハードなんだけど、こういったクラブでガンガン慣れて、よりクラブ・ユースなダンス・ミュージックでガッツリ煽りたいなと思います。

対バンも、流石にクラブが栄えるバンド揃いで、凄く刺激になったし、楽しいよね。格好いいバンドを観るとイマジネーションがより掻き立てられます。

良いバンドと対バンすると、ムーブメントに渇望したりして、三本の矢は大事だなと思います。

こんな素敵な箱で、年内最後のNACANOライブを終えて、来年に繋がりますね。

今年も、NACANOを応援してくれて、ライブに足を運んでくれた皆さまに心から感謝を!来年もヨロシクです。頑張ります。

2010年は、ダンス・ビートなロックが、より面白くなり、よりエキサイティングになるでしょう。

NACANOは、もっともっとヤバくなりますよ☆
posted by YANA at 01:41| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

SNARE

vezの解体の話しで、ライブでの感想何ぞを書き忘れたのだけど、先日の新宿RUIDO K4でのイベント。とても楽しく過ごせました。

CROWNの有原クンへ大変感謝です!vezのラストを見届けてくれたオーディエンスへも心から感謝です。

vezのメンバーは、皆凄く面白くて良い人なので友達として今後ともヨロシクです。

しかし、今回はex.SHAMEの"Everything Must Pass"を初めて拝めたんだけど、凄く良かった。うん、素晴らしかった!!

正直、SHAMEより好きかな(笑)。全員の旨味が出過ぎだよ。美味しゅうございました。麺はコシがあって、スープはパンチが効いてて、焼豚はジューシーで、煮卵は絶品でね。
って、ラーメンなんかに喩えて申し訳ないんだけど、美食家ならぬ音通を、これからもっと唸らせて欲しいですな。

楽屋でも、CUTTクンや、KOSHOクン、TAKEYAくんと懐かしくも、ずっと話してて面白かった!彼らはホント楽しい。

で、ドラムのJUNクン。以前にBRAZILIANSIZEのナイスガイなドラマー、PAROクンに紹介されて以来の対面だったけど、彼は良いものを持ってそうだな〜なんていう印象があって、…やっぱね。

スネアが超格好いい。

ドラマーが、ドラマーを讃えるとき。やっぱ「スネア良いね」は、可なりの賛辞である。言われたら嬉しいし、ヤラレたらスネアを絶賛しちゃう。

「上手いね」は全然喜ばしい褒め言葉じゃないしね。ドラム初めて3ヶ月目くらいだったら嬉しいだろうけど。プロ野球選手に「野球上手いですよね」って言わないでしょ。天然な人以外。

超スゲーとか、激ヤベーとか、本気ハンパねーとか、最高アチーとか、ファッキン何とかー、…とかまあ色々あるかもしれないけど。

ZEPPET STOREのときにアメリカ西海岸ツアーで「Amazing!!」って言われたんだけど、瞬間にアメージングの意味を知らなくてね。
PEALOUT時代に高橋クンはアメリカで「Oh〜!KAMIKAZE」って言われたらしい。羨ましいぜ。

しかし、クる感じのドラミングはスネアで翻弄されるわな。

小賢しく撫でるのでもなく、無骨に殴りつけるのでもなく。聴いた瞬間「あ。」って言っちゃう感じ。

JUNクンは、もちろんリズムも気持ちよくて1曲1曲が短く感じた。後ろで立って聴いてても肩がこったり疲れない。とても楽しませてくれる。

今年も、素晴らしいドラマーを幾人と観て刺激をいただいたけど、彼もまた最高のドラマーだ。

まあ、もちろんオレも最高だけどね! て言えるオレになりたひ(泣)☆
posted by YANA at 05:03| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

DEMOLITION

ビックリした方が多かったか少なかったか分かりませんが、先日の@新宿RUIDO K4のライブをもちまして vez は解体という形になりました。

来年は今年以上にダメそうだったので。

「解散」という言葉をフトシくんは、敢えて使っていないんだけど、それはフトシくんの想いを察していただければ幸いです。

vez_last.jpg
ラスト・ライブとなったステージ。

ボクとしては、フトシくんとロックなバンドを、のらりくらりでもずっとマイペースに出来ていたことに幸せを感じていたし、常に興奮しながら音を出せたバンドであったので、とても残念ではあります。

しかし、フトシくんがライブをしたくても、レコーディングをしたくても何故か障壁が(そういう運命のバンドだったのかな…)、常にずっとタイミングが掴めない現状に(画数が悪かったのかな…)、全くストレスが無かったとは言えない事実もあったので、解散ではなく解体。という結論になりました。

vezの楽曲は、今後どんな形になって再生されるかは分からないけど、フトシくんの中では非常に大切な曲が幾つもあるので、いつか再生するときが来ると思います。その再生にはオレは絡んでるか絡まないかは分からないけどね。

そのときに、そのときシンパシーを感じた熱いメンバーを集めて展開すると思います。それは、無理せず幸せを感じれる仲間とスムーズにバンド出来れば誰もが歓べることだと。

「解体」という急な発表となり、今まで応援してくれていたファンの皆には感謝以外にないし、vezで消化不良だった部分を数倍にしてnextへ昇華されることに期待していただければ、この上ない幸せでもあります。

vezで得た衝動やイマジネーションを、今後どういった形で爆発させるかは、ボクとしても近い未来に何らかで表現したいなと感じています。

また、フトシくんとはAKUHで、これからもAKUHにしかできない世界をもっと高みへと思っているので、それも含めフトシくんを大切にしていきたいと思います。超リスペクトな存在なので。

口だけリスペクトで、ホント粗末に接する弱輩が多いんだよね、また。

そんなこんなで、AKUHの3曲入りシングルは次の18日のライブに間に合いそうです。

ドラムの録りに2時間、ドラムのエディットに20時間掛かったけど(汗)、これから歌とギターが入ってミックスしてマスタリングして、最高の新譜が出来ると思います。

思いを込めているので、楽しみにしていてください☆
posted by YANA at 02:52| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

FEVER

昨日は、近藤クンが主催のイベントで"近藤智洋with高橋浩司"のライブにお出かけしてきました。

ちょっとAKUHの音源エディット作業があったので、大トリだけ観に。

素敵なメンツのイベントだったけど、致し方なく。

しかし、近藤クンと高橋クンとのライブは、ずっと観たくて昨日ようやく拝見できました。

普段は二人でAKUHばりにトーク炸裂のステージみたいなんだけど、今回はベースにヒサヨ嬢を交えてのスペシャル・バージョン。

本編の後半では、THE GROOVERSの藤井一彦さんも飛び入りし、凄いバンドに変貌を遂げ、これは貴重でサプライズなセッションでヤバかったですね。可なり。

091210_2215~0002.jpg

ライブは比較的カバー曲が多いみたいだけど、軽快なチューンが多くPEALOUTの頃の独特なリズム感が最高に良かったです。

ヒサヨちゃんも、ピンサロックス以外で客観的に見るのは初めてで、流石に評判だけあって何やっても華がありますな〜。

ていうブログを、本日vezライブの空き時間に綴ってるんですが。

普通の感想文になっております。

帰りにラーメン屋で、高橋クンにAKUHとの対バンを求めたが、軽くスルーされてしまったので(笑)、ご縁があればという感じで、またアタックしてみよー

リームーか〜☆
posted by YANA at 20:05| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

SINGLE

2日ほど前に、独りでスタジオに入った。

今月18日のAKUHのライブに向けての個人練…ではなく、3曲入りのシングルを用意するための個人レコーディング。だ。

メトロノームとEDIROLのR-09を持って行き、1曲1曲クリックを聴きながら[Hi-Hat]→[Snare]→[Cymbal]→[Floor Tom]→[Kick]という順番でバラで素材を録り、2時間くらいかな??(笑)
2009_akuh_rec.jpg

そして、そのEDIROLを片手にフトシくん宅へ仮歌を入れてもらいに訪問する。で、急いでるので小一時間くらい居て帰る。

最近フトシくんは、何故かヒーコーに嵌っており、手挽きのヒーコーミルで豆を挽いて美味しく煎れてくれました。オレも初めて挽かせてもらったけどレバーを回したときの感触がいい!
fts_coffee.jpg

フトシくん宅には、バタバタな感じで帰ってもたけど、よくよく振り返ると、直々にコーヒー煎れてくれて、弾き語りを3曲歌ってくれて、しかも客はオレだけ。みたいな。

ファンにはたまらないディナーショーでした。ファンなら3万くらいは払っちゃうよね。フトシくん貸し切りだからね。オレは、かっぱえびせんしか持って行かなかったけどっw

フトシくんは、コーヒー出して、弾き語りしちゃう喫茶店なんて始めたらえぇ〜んちゃうん。そんで自慢の「和風豚キムチコーヒー・パスタ」出したらえぇ〜んちゃうん。ぎょうさん客来るで。そんなもん。

で、家に帰り早速、録音したデータをPCに流し込み、それぞれの曲のドラムパーツをプラグインかましまくって、編集作業。曲の構成に合わせてのエディットが何気に時間が掛かるわい。

しかし、フトシくんの仮弾き語りにコンプとEQとリバーブをかけて聴いたら、ちょっと泣きそうなくらいグッときてしまった。リバーブってすげ〜なぁ。 あ、いや、フトシくんの曲は本気すげー。オレにとっても崇高な名曲ばかりだ。心してリズムトラックを作ります。

いや〜、締切りまでに間に合うだろうか…明日返却日の「アイアンマン」が観れん…☆
posted by YANA at 03:17| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

FORTY ONE

昨日は、アイゴン率いる"FOE"の主催イベント『NOFAITH BUTT 2LIES』にNACANOのハヤシくんと行ってきました。

nestに行く前にハヤシくんに美味しい焼鳥屋に連れて行ってもらう。ハヤシくんのオススメの店は本当に美味い。御満悦です。

会場では、POLYSICSのカヨちゃんとヤノくんとも合流。

トップになんとPALILLOS REDONDOSなる、アイゴンとスカパラ大森さんのやっている打込みユニット??見逃してもた(>_<)…。終演後に大森さんから伺って後悔。

しかし、FOEのライブは相も変わらず格好いい&グレートでした!

随分前にZEPPET STOREのイベントでクアトロにてお誘いしたことがあった。未だにあの世界観は唯一無二で深みと激しさがある。匠がそろった3ピースには翻弄されっぱなしでした。

来年の2/11には、NACANO主催イベント『FRANKIEEE!!』にFOEをお招きいたしましたので、是非ゼヒぜひ!足を運んでいただきたい。素晴らしいイベント間違いなしDEATH!!

そして、日が明けて4日はアイゴンの41歳バースデイ。
aigon_cake.jpg

終演後に皆でお祝いをしました。こんなに嬉しそう♪♪(笑)
aigon.jpg

ボクも41なので、大森さんに「バカボンのパパと一緒だね」と言われ、「そういえば」とバカボンのエンディング曲を思い出す。

バカボンのパパと同い年かぁ〜〜〜。気づかなかった。どう見ても53に見えるけど41か。来年はパパの一個上になっちゃうんだ。なんかなんだなぁ…。

切なくなりながらも、打ち上げではカヨちゃんとヤノくんと話し込んじゃって、あっという間に終電ギリギリ。また、ゆっくり話したいわ。

何はともあれ、アイゴン誕生日おめでとうございます。

アイゴンとは知り合って、かれこれ25年近くなるんだなぁ。素敵な41だよなぁ。昔から皆が一目置く魅力的な存在だったし。いつまでも魅力的な存在でいてください。

これでいいのだ☆
posted by YANA at 05:51| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

RAINY

昨日は、NACANOのライブ@新宿NINE SPICESでした。

お初の箱でしたが、キャパがそんなに大きくないんだけど、とても良い箱でした。ここの店長さんやスタッフの方々にNACANOをメチャメチャ気に入ってもらえて、今後も出させていただく機会が増えることかと思います。とても嬉しいことです。

そして、そんな機会を作ってくれた今回のイベントの主催バンド"グーミ"さん。本当にありがとうございました!リリースおめでとうございます。今後も誘ったり誘われたりでヨロシクお願いします。

そしてそして、ご来場いただいた皆さん、心から感謝です!

しかし、NACANOのライブは雨が多いっす。今まで、みんなの機材が濡れて故障してないのが不思議っす。

実は、NACANOのライブに限らず、新宿でのライブは雨の経験が多い気が…、オレが雨男@新宿だったり??それはイヤじゃ。

あと傾向として、小さい箱だとハヤシくんとユージンが酔いどれる確立がアップするのに気づいた(笑)。個人的データだけどね。密接感がある箱になればなるほど、はっちゃけ度が上がるのかしら。それも一興で面白いんだけどね。

ハヤシくんが、何かの曲のサビで、サビなのにビール飲みながら歌ったり飲んで歌えてなかったりしてるところがツボで、可なりウケました。それでも、バッチリ崩れず演奏できてるんだから、大したものです。

NACANOはライブ=パーティーなんで(笑)、パーティー好きの方は是非、三角帽に鼻眼鏡してライブ中にクラッカー鳴らしまくってください。そんな気分で演ってますので☆
posted by YANA at 02:13| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

1983

ここ2ヶ月DVDすら観る余裕がなかったんだけど、これだけは何としてでも映画館で観なければ!と、上映期間ギリギリで『THIS IS IT』に行きました。

マイケル・ジャクソンを知ったのは、スクーター(敢えて原チャリと云わない)のCMで視たのが最初かな。

でも、一躍熱い存在になったのは、中学の頃に「ベストヒット USA」を見始めるようになった83年。マイケル・ジャクソンの当時のヒットは『Billie Jean』。長い間ずっと1位だった。

80年代の殆どの名曲が生まれた83年。どれだけ凄いかヒット曲をここに連ねようと思ったが、溢れるほどの曲数だったのでココの1983年の年間ビルボード・チャートを見て「スゲー!ーっ!!ーー」ってなってください。

それまでYMOしか聴かず、全く洋楽に興味なかった自分も見事に洋楽にのめり込んだ年。

そんな偉大なる83年に、現在でも世界的に一際メモリアルとなっているアルバム『Thriller』が誕生した。実際のリリースは1982年12月だけどね。
当時、友&愛でレンタルしちゃっただけだったんだけど『BEHIND THE MASK』が入っていたら、中学時分のボクは即買いしていたんだろうな(笑)

このモンスター・アルバムがきっかけで、80'sはどんどんセレブ度が増して華やかになっていった気がする。
アメリカン・ドリームの最たる頂点に立ったアーティストのマイケルは、万人…いや億人規模に夢や影響を与えたんだから。

で、突貫映画の出来にどうこうはないけど、映画館で観てリハーサル風景とはいえコンサート気分を味わえたのが良かった。リハだけの映像で普通は、鳥肌や感動で涙腺はゆるまない。
夢へのスケールのでかさと、ミクロ単位での空気の運び方に妥協がないのが、プロの枠を越えてグッときてしまった。
スタッフやツアー・メンバーとはファミリーとして、雲の上じゃなくフレンドリーに対等に接しているところが、偏見だが不思議な感覚で、温かさが身近にみえた。

こんな偉大なるスターがもうこの世に…と思うと残念以外にない。桁違いの規模で感動を残してくれたMJに、溢れるくらいの感謝をしてしまう。

そして、これだけハートがシンプルにピュアで、真の愛を一番求めていたMJは、心無い人々でごった返しているこの世に暮らしていて、どれだけ辛かったのだろうかと感じてしまった。

そういえば、ノーナ・リーヴスの西寺郷太著『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』は、可なりの評判みたい。
きっと、うんちくも凄い内容だと思うので、そんなにマイケルに詳しくない私も読みたいなと。

しかも27日は、郷太クンの誕生日だ。おめでとう!!

今夜というか今、三宿Webにて『郷太祭り』最中だ。郷太クンのDJは殆どMJだなきっと。お祝いに駆けつけようか☆
posted by YANA at 01:56| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

PERCUSSIVE

昨日はCLUB 251へ"Demi Semi Quaver"のワンマンへ行ってきました!

先月の「DRIVE TO 2010」でFLOPPYの日に、お久しぶりでお会いできたスティーヴ・エトウさんをタップリと拝ませていただきに、NACANOが誇るセクシーパーカッショニストのピロくんを誘って堪能してきました。

スティーヴさんは、朝本浩文師匠に紹介いただいて、初めてお会いしてから、かれこれ7〜8年経ちますが全く1ミリも老けません。確か10歳くらい先輩だったような…。やはりDNAが違います。

ライブは、なにもボクが「スゴかった」とか「ヤバかった」とか云うのもおこがましいので割愛しますが、錚々たる華、華、華なメンバーが集結しているのだから、もう委ねて吸い込まれるだけです。

ピロくんも相当刺激を受けたみたいで、テンションも上がって興奮気味でした。何だか、スティーブさんに釘付けになってるピロくんを見て、ジーンとなるオレみたいな。

29日のNACANOのライブでは、更なるピロくんのプレイに注目ですぞ!

ライブ後に、ウルトラ・パーカッショニストのツーショットをパチリ。最高の画です。
steve_and_piro.jpg

スティーブさん、いつも本当にありがとうございます。

明日は、2ヶ月と2週間振りに終日ごろごろ出来る日なので、所謂オフなので、ベッドとひとしきり戯れるとするかな〜☆
posted by YANA at 02:05| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

ASAMOTO KAI

22日の深夜に三宿Webにて朝本浩文師匠のバースデイ・イベント『朝本会』があり、DJしてきました!朝本さんとのDJはいつも最高に楽しいです♪♪

改めて、朝本さん誕生日おめでとうございます!!
asamotokai_01.jpg

告知のタイミングがめちゃめちゃギリギリになってしまったんですが、多分年内最後のDJかも。
いつも出番の時は、事前に選曲せずその場で適当に空気みてセレクトするんですが、今回もとても良い流れと繋ぎで盛り上がっていただきました。よかった〜大満足です。

この日は当然、全般的にDrum 'n Bassがメインだったんですが、四つ打ちいかせていただきました。

今回の選曲は↓↓を回しましたが、若干順番違うかもです。50分くらいのメニュー。

Escape(The Bloody Beetroots Remix)/ The Toxic Avenger
Fa-Fa-Fa(Skateboard Remix)/ Datarock
Caller/ Alex Metric
11h30(DatA Remix)/ Danger
Rockall(Phonat Mix)/ The Young Punx
Take Me Back To Your House(Jaxx Club Mix)/ Basement Jaxx
Horny as a Dandy(Mousse T's Nu Extended Mix)/ Mousse T
Punx Soundcheck Remix/ S'Express
Alone Again(Van She Tech Remix)/ Teenager
Touch Me(Kenny Blake's Uplifting Mix)/ Sharon Phillips
1234(Van She Remix)/ Feist

でも毎回毎回、朝本さんのドラムンDJは最高です!いつも踊ってしまいます。

朝本さんとは写メ撮るタイミングがなかったんですが、今回DJトップバッターだった"bonobos"のパーカッション松井くんと、遊びにきた"Bahashishi"のユラリちゃんとパチリでござーます。久しぶりにDJ COMPとも会えて嬉しかったな。
asamotokai_02.jpg

早いもので、朝本さんと出会ってから13年くらい経つのかな。ボクのような輩をいつも可愛がっていただいて感謝も絶えませんが、本当に幸せです。

今回も素敵で特別なイベントにお誘いいただいて、ありがとうございました☆
posted by YANA at 04:08| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

FLOPPY TOKYO

20日だったので既に4日経ってしまったけど、FLOPPYの『Deus ex machina Tour』ラストの東京渋谷も、ホントに無事に終わってとにかく良かった!素晴らしいツアーでした。

ボク的には、この日が無事に終わるのを、9月の下旬からずっとずっと願っていたからね。

正直ここまで、毎日不安な日々だったし、ツアーの出来を予測しても現実はどうなるか分からないから、やはり積み重ねて創らないといけないんだなって思い知らされたツアーでした。

しかし、東名阪どのライブも、冷静に落ち着いて一曲一曲丁寧に集中して出来たので、イッパイイッパイにならず場面で色いろ判断できたかなと。

何はともあれ、写楽クンと宏武クンが楽しんでノってくれることが最高だったので、十分楽しさがフィードバックして相乗効果で一層楽しめました。DJ気分でドラムが叩けたシーンもあって、新体験かな。貴重なきっかけです。

2ヶ月ずっと気が張っていたので、やけにホッとしています。
tour_menu.jpg

どの会場もソールドで、各地で沢山のFLOPPYファンの方達に会場を温めていただいて、凄い素敵な時間を満喫することが出来ました。本当に心から感謝しています。ありがとうございました!

そして、FLOPPYのライブ動画が見れるとのことなので、宜しかったら↓のYouTubeにてご覧ください。
http://www.youtube.com/floppyjp

今回、ツアー用に24楽曲を用意して、ボクとしては全曲完全に体へインプットすることに努めたんだけど、保険として役に立ったカンペ。
floppy_kanpe.jpg

FLOPPY用に記号を並べたバージョンで作ったんだけど、我ながらこのアイデアが上手くいって、曲を憶えるのに大活躍してくれました。

カンペ話はどうでもいいんだけど、ファイナルくらいは打ち上げに参加したかったな〜。だって、サポートで参加して未だにFLOPPYの二人とは飲んだこと無いからね☆
posted by YANA at 01:28| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

YUI P.A

由比のパーキングエリアは基本トイレ以外、高確率でスルーする場所。

今回のツアーPA(パーキングエリアじゃなくて音響スタッフね)のSさんが大のオススメ「桜えび天茶漬け」を食すために途中立ち寄る。

今まで知らなかったが、知る人ぞ知る可なり名物らしい。

わざわざ食べに来て、売り切れに激怒するオジサンとかいるらしい。

桜えびの大きめな天ぷらに、ネギとわさびをのせ、出汁をブレンドしたお茶を注ぐ。

車内にて寝起きだったので舌が半分寝ぼけていたものの、素敵なメニューでした。これはリピートしたいね。

ボリュームもなかなかで450円は安い。営業時間は20時までだ。

うん、ブログっぽいぞ(笑)

富士山も見えて、素敵なおやつタイム。

え?いやいや、こんな時間に夕飯か〜

今日は帰ったら早々に寝ればいっか☆

091116_1508~0001.jpg
posted by YANA at 15:53| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FLOPPY OSAKA

昨日はFLOPPY@大阪DROPでした。

2時間弱のステージも、あっと言う間に終了し楽しかったです。

名古屋が集中して好感触のプレイができたので、大阪では浮かれポンチにならないよう気をつけました。

個人的には自分に鳥肌立てたシーンあり、ノリノリで揺れながら叩けたシーンもあり良かった!

一曲ミスったのと、一曲はトッチラかったのが悔やまれるが、完璧主義は良くないから全体が良ければ、それを全てとしようかな。

細かいこと抜きにして、メンバーが乗ってくれたので。

まあ、曲に表情を強調しようとして裏目に出そうな面もあったので、ムリせず意識し過ぎずといった部分が反省点。

ライブ本番前に冷静に自分に言い聞かせられればね。

イッパイイッパイのライブも面白いけど、冷静で余裕が出せるライブも色々コントロールできて面白い。

しかし、ここ2〜3年は大阪でのライブ当日は頭痛になることが多いのだ。なぜだろか。

GHEEEでもvezでもNACANOでも。

ボクの七不思議の一つだ。いっても七つも不思議無いけどね。

あとは、ドラム叩くと腰痛が治るとかくらいかな。

食ったら肥るとかね。
狙うとスベるとかね。

不思議だわ〜

大阪好きなのに、何でやねん〜☆

posted by YANA at 14:01| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

FLOPPY NAGOYA

昨日はFLOPPYの東名阪ツアー初日の名古屋UPSETでした。

もう、無駄な緊張はやめて楽しむことに専念。集中する上での程よい緊張感は持ちつつ一曲一曲丁寧に演った。

ソールドした会場は盛り上がったし、時間もあっと言う間で十分に楽しめました。

ドラムはトリガーの調子や若干のミスも気にならない程度に、全体的にはメニューの流れも含め良いシーンが沢山あったライブになりました。

明日は大阪だけど、メニューも比較的ガラッと変わるし、再度気を引き締めて素敵なライブになるよう、集中して楽しみます。

いやしかし、今日は普段より食べた(汗)。移動日だったし。

昼は写楽クンが、あんかけスパ好きということで名店『SAVARIN』に誘ってみた。写楽クンは初めてだったらしい。

ここは、ハヤシくんや近藤クンがお気に入りの店。ボクも4、5年振りで今回2回目だ。

久々で来たけど、いや〜改めて美味しかった。ボリュームがハンパないからね。スタッフの方と1.2倍盛りで半分ずつシェアしました。でも苦しかった(笑)

夕方に大阪に着き、夜は皆で餃子の王将。天津丼セットにしたが餃子一皿と鶏唐が付いて680円。後半苦しくて吐きそうになったが頑張って完食。東京と違ってこの安いセットで意識を失いそうになる。

今日は胃を虐めたので、そろそろ風呂に浸かって十分に寝て、万全の体力で明日のライブに挑みますよ☆
091114_1125~0001.jpg
posted by YANA at 00:18| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

SYSTEM

いよいよ明日からFLOPPYの東名阪ツアー『Deus ex machina Tour』がスタートする。

昨日は通し含めた最終リハ。ずっと手探りが続いていたけど、イイ感じに仕上がりつつ、後は本番に挑むだけ。

試行錯誤を重ねてきたけど、ここまで辿り着くとポイントが沢山見えてきて非常に面白くなってくる。ここまでがとても大変だったんだけどね。

そして、ドラムのセッティングもリハーサル毎に色々と変えていって、ギリギリで最終形ができました。

pad_system01.jpg

上から撮った写真だけど、もうメインだった生スネアをサブにまわして、SIMMONSのパッド2枚をスネア1&2にして曲調で叩き分けてます。

pad_system03.jpg

まさか、こんなセッティングに落ち着くとは思わなかったんだけど(笑)、結果的にこれがシックリ来る感じになりました。

現在は、トリガーのセッティングをNo.0〜5まで6パターン用意して、曲毎に切り替えてますが、NACANOでもやってるけどシンセ・パッドの醍醐味だね。曲毎に音色を変えられるのは楽しいです。

でも、このシステムもこの先、きっと変化してゆくと予想されます。何しろ音楽なんだから、楽器やエフェクター、アンプなどを時と共に変えていくように、ドラムも特にシンセドラムとかは変化してゆく可能性はあります。遊び心は大事だしね。

今は、このシステムに慣れて、ベストを尽くして集中できるように頑張ります。

10月からサポートを始めて、彼らのリクエストに限りなくストレートに応えてきた中で、まだまだ十分に対応できていなかった部分があったかもしれないけど、最近は演奏してる中でやっと空気に反応して乗れる感じが掴めてきたので、明日からのツアーが非常に楽しみなのです。

とにかく、二人がステージでノリノリになってくれることが、今回のボクの努めだからね☆
posted by YANA at 00:56| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

FRANKIEEE!!VOL.2

今日はNACANOの主催しているポストパンクなイベント『FRANKIEEE!!』の第2回目でした。

FRANKIEEE!!vol.2.jpg

今回もヤバいバンド&DJ陣で最高でした!!

ハヤシくんが誘うメンツは本当に間違いはない。外さないよ。まじで。強烈に刺激的でテンションを上げてくれる格好良いバンドばかりで、開演からカラダが揺れる。

ハヤシくんが「開演から来ないと損だよ」ってブログで書くのもわかるほど、確かに興奮して友達へ是非オススメしちゃいたくなるようなライブが目白押しだった。ボクはNACANOの出番までどんどんボルテージがあがるし、ハヤシくんやユージンは既に踊りまくりで沸点越えしてたしね。

今回も快く参加してくれたバンド&DJ陣の方々に心から感謝です。とてもありがたいです。

そして、会場を盛り上げてくれた沢山のFRANKIEEE!!フリークやオーディエンスの皆さまも、演奏中とても感激したし、めちゃめちゃ感謝です。言葉に出来ないくらい最高のオーディエンスです!

ありがとうございました!!

来年も2月に演りますので(←敢えてフライング告知)、次回のメンツもヤバいですが"震えて待て"って感じでございます。

しかし、1回目も最高だったし、今回も素晴らしかったし、もう完全に鉄板イベントになってしまいました!

NACANOメンバーも含めてFRANKIEEE!!フリークも、ハヤシくんのチョイスやセレクトに毎回蓋を開けたときのワクワク感を一緒に共有ていきましょう♪もちろんメンバーはハヤシくんに負んぶ抱っこし過ぎないよう一丸で協力し合うけどね。

あと、今日着た衣装はtokyo pinsalocksのナオコ嬢が「NACANOに合いそう」とプレゼントしてくれたTシャツでした。涙ものです。ありがとう!写メ撮ればよかった。

今日はピンサロックスのツアー・ファイナルと被ってしまったからね。CLUB Queには一瞬だけでも挨拶行けたけど、何はともあれお互い盛況で盛り上がってよかったです☆
posted by YANA at 01:54| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

SUFFER

いや〜不覚にも風邪を患ってしまったらしい。

ここ最近、疲労が蓄積していたんだろう。最初は鼻水だけだったので花粉だと高をくくっていたのだが、昨晩から今朝にかけて喉の痛みが酷くなっていた。

鼻水が出てから6日目にして喉が痛くなったんだけど、熱が出ていないので今度はインフルではないと高をくくってみる。

しかし、連日のリハーサルと今週はNACANO主催のイベント、来週末からFLOPPYのツアーと気が抜けない日々が続いているので、気を抜いていないのに患うとは納得いかない。マスクと手ピカジェルはちょいちょいしていたが、うがいはしていなかった。やはりマメにイソジンてことなのだろう。

ていうか、ここ数年で日々の生活において抗菌、除菌に拍車がかかっている昨今。免疫力は低下してるのだろうか??乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は別として、いわゆる細菌は体から取り去りたい症候群になっているね。確実に。

以前何かで「地球の健康を蝕む最も悪質な菌が人間である」といった喩えを耳にしたことがある。言い得て妙だ。そんな人間が日に日に除菌に執着しているのだから、いつまで経っても矛盾した生き物なのだなと感じてしまう。

そう考えると、インフルエンザも年々あの手この手で仲間を繁殖させ、支配しようと必死なのかも知れない。少子化で未来を懸念する人間と一緒でね。経済難で少子化になったのに経済のために繁殖しろと言ってるのだから。

しかし、まさか地球にとって人間に対するせめてものワクチンが、台風や地震などの災害を起こすことであると想像したら、全くもって切ない話しだ。

若しくは、地球にとってのタミフル的な役割が、人間に向けてのウイルス攻撃であれば、何に対してか分からないが本末転倒的なバトルである。

人間は長年、善玉と悪玉が常にバトルを繰り広げているわけだけど、所詮は愚かな目先の平和vs経済の戦いだ。まさに風邪のような周期でね。

インフルエンザは本能とはいえ、何を目的に年々リニューアルして繁殖しているのだろうか…

もし、知って凄いショック受けたら嫌だけど、一言「全てはお金のためだよ」って言われたら呆れて笑うしかない☆
posted by YANA at 18:16| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

31 ICE CREAM

を、今とても食べたい。「ベルジャンチョコレートチャンク」をね。

昨日は、FLOPPYでのサポートでした。

いや〜、結果的に悪戦苦闘でしたが、もちろん手は抜いてないものの気も抜けない不慣れな場面が多々あり。まだまだ新参者としては、修行が続きそうです。と云っても、もうFLOPPYの東名阪ツアーは間近なので、悠長なことも言ってられません。

初めての下北沢GARDENということもあり、モニターのバランスも含めキックは4つ打ち以外遊べず、とにかくハードだったので珍しくライブ後に腿が筋肉痛になりました。飽くまで個人的にですが。

ここのところ、FLOPPYの面々は現在システム再構築中であるのかは、定かではないが、演りたいことをより楽しめるようにフレキシブルに日々黙々と色々試している。

それに大きな役割としてドラムもまた然り。相変わらずの実験は続いております。ボクもよろこんで色んなアイデアに対応しようと思っていますが、あまり記憶を頭で考えてプレイをしたくないので体に早く染みつけたい。

PCでの同期は、PCがフリーズしない限り100%曲の構成を間違ったりはしないが、如何せん人間は部屋に入って「あれ?何取りに来たんだっけ…」てな動物だ。「ここまだブレイクじゃないっけ?!」みたいな。

脳みそも昨今のCPUでいうCORE 2みたいにセパレートになっていないしね。記憶装置も1テラが当たり前になっているご時世だが、オレの記憶容量はそれこそフロッピー・ディスク2枚くらいだ。頑張れ。

中9日を挟み、2週間ばかしでFLOPPYのライブにてトータル15曲を演ったが、実践で可なりイメージのピントが定まってきたし、体にも叩き込めた。ブランクがそう空かなければ曲をなぞるだけじゃなく、イメージで叩ける。

これからツアーに向けて、新たな楽曲を体に取り込みます。ドラムのシステムも更に増設される可能性あり。楽しみです。

何はともあれ、宏武クン生誕31周年おめでとうございます☆
posted by YANA at 03:34| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。