2010年05月03日

hide THE 13TH MEMORIAL

今日は、築地本願寺にhideさんの13回忌法要へ行ってきました。

hideさんが隠れん坊のように姿を潜めて、いつの間にか12年経っていました。

十数年経っても、色褪せず世代を越えて夢や憧憬を与えていることに、感動と感謝はずっと尽きません。

越えられることのないRock Starへ、心から合掌。


NACANOのツアー、GHEEEライブのブログは後日に書きます☆
posted by YANA at 02:53| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

RACING

昨日はGHEEEライブが下北沢251にてでした。

観に来ていただいた皆さま!盛り上げてくれてありがとう!!

昨日は、楽しさ半分、ドラムセットとの格闘半分で(笑)、なかなか凄いライブでした。がっつり温泉に浸かったような脱力感と満足感。

で、ドラマー仲間であるBRAZILIANSIZEのパロくんと、direction of the chordの司くんが来てくれてたので、打ち上げで一生懸命ドラム面の言い訳(笑)

しかし、あらためてGHEEEはボクにとってレーシングのような感覚に近いかもと感じさせるものがありました。

勿論、耐久でもないし規定や制約などないけど、セッティングに対するコントロール、状況での読みや環境との駆け引き、加速や減速のギヤチェンジ、急展開のGに対抗したり、ニトロのペース配分とかね。そして、たまにピットに入れないときもある(笑)

たまたまだけど、昨日はそう感じたライブでした。まあ、当然フォーミュラカーとか乗ったこと無いけどね。カートは1回だけあるかな。

でも、そんな必死に格闘してる部分も含めて、観てる人に楽しんで欲しいし、味わってもらえたら幸いであります。

そして、何よりフロントの3人に気持ちよくなって欲しいのと、入り込んで欲しい。

環境によって時には、ノリがぎこちなくないか、演り難くないかと心配になることがあるけど、幾つかのステップを越えてきているメンバーだから、場面で反射的にベストな方向へ転換してるんだなと実感したり。

やはり貴重な1回のライブは、心でも記憶でも印象でも思い出として何か残ればいいなと願います。

そして、プレイは完璧主義ではないけど完璧を目指す性ではあります。

でも今回は、深沼くんがこの上ない嬉しいことを日記に書いてくれて、GHEEEに参加して色々個人的な課題はあるんだけど、深沼くんに認めてもらうことは大きな課題でもあったから、一つ認印を押してもらえた感じでとてつもなく感激でした。

こう書くと深沼くんが偉い風に映っちゃうかもだけど(笑)、酷いドラム叩いてもダメ出ししないし、細かいとことを指摘したり注文を押しつけることもない。近藤くんもね。AKUHもNACANOもそうなんだけど。

だから欲しているであろうことを、もっともっと色々と感じとって、もっともっと反映させていきたいなと思っています。

音楽は大切な人へのプレゼントだからね。漠然とした物を「コレあげる」って渡しても困ると思うし、奇をてらい過ぎても滑りかねない。

どんなプレゼントをしたら喜ばれるかなとか、今何をあげたら嬉しいかなとか、何をしたら驚くかなとか、ワクワクしながら届けたい。

あ、プレゼントと云えば、深沼くんがファンへ向けて素敵なアイテムを作っていました。これは欲しいよね!GHEEEのアクセサリー。持ってたら羨ましいな。
http://k-a-g.com/

次回のGHEEEは、4月30日に下北沢のQueで。より素敵な音のプレゼントを贈るので楽しみにしていてください☆
posted by YANA at 04:55| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

KICK IN THE EYE

昨日もNACANOを、そしてイベントを盛り上げてくれたオーディエンスの皆さん、どうもありがとうございました!

イベントタイトルの『kick in the eye』は、BAUHAUSで唯一??のダンスナンバーの曲名。

ハヤシくんのセンスは、いつもツボで最高す。

BAUHAUSは高校の時分にXTCと並び、ボクに最も影響を与えてくれた憧れのバンド。

今回のイベントも対バンが皆とても素晴らしくて、5バンド全てが未来を感じさせる、ある種フェスがかったイベントでとても楽しかった。

特にボクは"DUB STRUCTURE#9"が最高にツボで、めちゃ良かったな。またライブ観たいのでドラムの大倉くんとは、早速Twitterでフォローし合ったよ。

モンブランはNACANOを凄く慕ってくれて感激と感謝でいっぱい。今度ヨーロッパのでかいフェスに出るみたいだけど、彼らも完全に洋楽だしね。メンバーにZEPPET STOREファンが居たのが驚いた(笑)

"Large House Satisfaction"のドラムも良かったな〜。バンド自体も可なり人気出そう。注目株だね。

"golden"は拘りを感じる、拘りに安心できる、拘りに委ねられる素敵なサウンドだった。拘りを貫くって絶対的な信頼を得るからね。

その点、オレは拘らないのが拘り…かな(笑)ははは。

次回のNACANOは、ハヤシくんに一番盛り上がっていただきたい"阪神"ツアーです!トラッキーの応援グッズ持参でヨロシク♪♪

因みにボクは、金本選手や下柳選手と同い年です。

阪神ツアーの詳細がアップされているので、NACANOのサイトをチェックくださいね☆
posted by YANA at 15:23| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

EMPATHY

昨日はGHEEE@吉祥寺でした!

プラネットKは、なかなか演りやすい箱でしたが、後半調子にのってまたしてもウカツに走ってしまった。

気持ちがどんどん突っ走り、身体が必死で追いかけて、脳がふかんでそんな状況を冷静に見てるという「心技体」がバラバラになりそうな、ギリギリ感。

でも、それはセットメニューの流れと、オーディエンスの醸し出す空気と、ステージ上の暗黙の雰囲気によって向かうのです。

来てくれた皆さん、声を掛けてくれた皆さん、本当にありがとうでした!今月は22日と30日にGHEEEライブ控えてますので、また勢いある尖ったライブをガツンとお届けしたいなと思います。

メルマガの件ですが、沢山の「継続希望」という何とも有り難きメッセージをいただき、告知など今までどおり機能させていきます。お騒がせした感がありすいません(笑)

で、メルマガ代わりに始めたTwitterですが、始めてみて可なりの祭り状態に呆気にとられましたが、既に友達も大勢やっていて色いろさえずってみようかと思います。画期的に使いますよ。

yana_dryasdustです。

しかし、メールからスレッドとかメーリングリストとかチャットとかソーシャルコミュニティーとか、どんだけ人々は様々なコミュニケーション手段でメッセージを交信し求めゆくのであろうか。

と、ブログを書きながら考えたりして…。

行き着くところ音楽もそうだけど、共感を求め、ハートを掴みたいという衝動が「目の前の君へ」から「世界中の皆へ」と潜在的に向かって行くんだね。

要は心で感じた何かを、何らかの物理的フィルターを使って伝えて分かち合いたい。

そして最終的に何を心に吸い込んで満たしたいのかは、ずっと神秘的なままでいいのかなと思うけど☆
posted by YANA at 01:43| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

TWITTER

昨日は、NACANOオーガナイズ・パーティーの『CLUB FRANKIEEE!! vol.4』でした!

メンバーのまったり、くつろぎモードの趣旨に反し上げ上げのセレクトでせめてしまい、すいません。

毎回テーマを考えて望むんですが、今回は三宿Webモードでお届けしました。

四つ打ちを繋ぐ以外に芸がないのですが、やはり定番のアッパー・キラーチューンをかけると盛り上がりますね。機会をみて往年のヒット・ナンバーだけをかけるDJをしてみたいと思います。

セレクトが上手くいくと、いつも沢山の人が声を掛けてきてくれて嬉しいんですよ。

昨日は、ゲストにDragon AshのサクちゃんがDJをしに来てくれて、彼のユニットである"endive"の曲とか、彼のリミックスした音源とか沢山かかって超カッコイイのでした。

endive観たいです!!

サクちゃんはZEPPET STOREとDragon Ashとかでイベントをいくつか回ったときに、まだドラムを初めて2年くらいとか聞いて「スゴイ!」と思ったんだけど、それ以上に今に至るまで日本でリズム感が天才的だと唯一感じたドラマーなのです。

まあ、世界一リズム音痴と自負する私からそんなこと言われても何だと思いますが(笑)

Edge Endのミキサーに色んなエフェクターが装備されていて、昨日それに初めて気づき遊んだんだけど、DJの後半はオレとサクちゃんで交互に回して繋いでいったんだけど、エフェクターで盛り上げって遊んでいる打ちに1時間半くらいやっちゃいました。終電ギリギリまで。

with_saku.jpg

時間が短く感じて、もっとEdge Endに居たかったけど、本日はGHEEEのライブもあり、昨日は張りに張りまくっていた背中をマッサージしてきたので、大事を取り退散。

昨日、色いろとTwitterについて聞いたんだけど、自分なりの使い方が何となく見えたので始めました。

今まで、メルマガというツールで告知など(しきれてないけど、汗)を配信していたんだけど、携帯登録の方も居るので好きな時間に気ままに送信できない現状がありーの(特に深夜)、自宅のPCからでしか送信できない難点もありーの、でTwitterを利用して急な告知とかをつぶやこうかと思っています。

Twitterって、小鳥のさえずりという意味だったんですね。つぶやくっていう一人小言をブツクサ言う印象にネガティブだったんだけど、さえずるっていいよね☆
posted by YANA at 13:56| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

SIMPLE MIND

先日の28日は3ヶ月振りのAKUHライブでした。

フトシくんと会うのも3ヶ月振り。

今回はリハーサルに入るタイミングがなくブッツケでしたが、AKUHは下手にリハーサルで合わせるより、いきなり二人で集中して演奏した方が、張り詰める大切な部分が緩まなくていい。

レコーディングでもそうだけど、1テイク目が良い理由って、不慣れだからこそ全てを一つ一つ大切に意識するという姿勢に秘められているんだな。

テイクを重ねると、前のテイクの気になる部分ばかりを意識しちゃったり、馴れ合いで色いろ意識があさって行っちゃったり、全体に集中する意識が欠落するんだよね。

無意識に。

それと、生菓子くらい日持ちしないAKUHなので(笑)、リハでの二人の素晴らしいテンション感を本番当日まで維持するのはなかなかね。必要な仕込みが無ければ、当日「せーの」で演ったほうがお客さんへはより美味しく提供できるのだ。

まあ、リハで超良かったテイクをライブにて披露するのがプロなのだが、悲しいかな人間は超納得のいくものをこなすと更なる背伸びを目論むか、燃え尽き冷めるかのどちらかなのでね。

とどのつまりAKUHは、リハで最初に合わせるテイクが、めっちゃ良いんですわww

だから、出来れば演り慣れた曲は復習ナシのブッツケで行きたかったなと。

しかし今回は、これでOKだったかなと思うし、客席を一度たりとも見なかったくらいフトシくんとドラムに集中しました。

熱い反応を返してくれたオーディエンスの皆さんには、心から感謝します。

次のAKUHは、5/22の池袋BlackHoleと、5/31の渋谷某所にてライブが決まっております。新譜もそろそろ制作に入ります。

とにかく、フトシくんと会うのも合わせるのも心待ちにしていて楽しみだったし、AKUHファンに会うのも楽しみだったし、ライブは気持ちよかったしシンプルでいいよね!

それで、素晴らしいものを皆の心や手元にちゃんと残せてたら、それが全てだね。実にシンプルだ☆
posted by YANA at 02:50| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

FLOPPY X SOYUZ PROJECT

先日、高円寺HIGHへ「FLOPPY×soyuz project」を観に行ってきました。

floppy_×_soyuz.jpg

会場に入ると時報が流れ、カウントダウンと共に福間創くんのsoyuz projectが始まった。

映像やネットワーク回線を取り入れた、ライブ感ある打込みの世界は時めきを感じさせる予定調和のないリアルさを展開していて、とても絶妙なバランスを醸し出していました。

こういった積極性とアイデアの具現化をライブに持ち込むのは、可なり骨を折る作業だと思うし感心しきりでした。

サウンドは、DAFやNitzer Ebb等のジャーマン特有なシーケンス音がボクは大好きで、テクノ然としたロジカルな構築と、カラフルに彩るポップ感もあり、何よりマニアがニンマリする機材と音色で攻めるところも魅力的だなと感動しました。

福間くん素敵でしたよ!

そして、FLOPPYを観るのは初めてでしたが、とても面白かったです。楽しいね!

写楽くんはやっぱ華のある存在で、宏武くんは麻薬的な要素が沢山あって病みつきになる感じが納得できます。演ってた側だったけど客観的に観るとまた顕著に映るもんだ。

実は、三浦さんを客席から観るのも初めてで(笑)、普段プロデューサーなだけあってギター・アレンジは絶妙で、プレイも素敵でしたしソロも格好良かったです。こちらもステージで背中を眺めるより客観的に観ると印象が全然違うもんです。

シンタロウくんもバッチリだったね。今回のツアーからドラム音源が高級なのになって羨ましかったけど、彼も音作りとか労力を費やして頑張ってたし凄く良い形になってたと思います。次のクアトロ2Daysも楽しみだね。

オープニングのHONDALADYを観れなかったのが残念だったけど、打ち上げとか楽屋で、皆と楽しく過ごせて感謝です。

そして、FLOPPYの最近発売された新譜『PROTOSCIENCE』にドラムで「サーフトロニカ」「哲学堂心中」と2曲に参加しております〜是非聴いてみてください☆
posted by YANA at 03:07| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

PASSION

昨日は、下北沢THREEにてNACANOとTHREE合同イベントでしたが、Mop of HeadといいTHE PASSIONSといい、センスがめちゃめちゃいいこれからが楽しみなバンドと共演できて最高でした。

これからも、こういうイベントを沢山続けていきたいね!

THE PASSIONSは、大阪のバンドでNACANOととても仲良くしている若手期待のホープだけど、ライブを観るのは初めて。
感じは、マッドチェスターの血が入った正にUK色の強い惹きつけるバンドだ。ずっと応援したいと思います。

NACANOは、何気に4週連続でライブを演ってまして、昨日がその4週目で、もうイベント形式でも1曲目からのオーディエンスとの距離感も、空気の作り方も更にバッチリになって世界観を存分に発揮できる感じになりました。

演る側も楽しんで、観る側にも楽しんでもらえる空間て、何かに吹っ切れないといけないし、ライブの場数も大事だし、ハヤシくんがコツコツと目論んでいた点と点がようやく、線になって結果に結びついてきたのを実感しました。

それは、NACANOが元々とてもシャイなバンドだったからなんだけど、漸くそれが取れた感じかな。自分たちを俯瞰で冷静に見ずに、自分たちにクレイジーになれているのは、凄く芯が強くなって自信に繋がっているからだと思います。

若いバンドと違って、自分たちにバカになれるって本当に課題なんだよね(笑)

次回は、NACANOとCLUB251との合同イベントでまたホストになるけど、良いイベントにしたいですね。

もちろん、一番の感謝はレスポンスが素晴らしいオーディエンスのノリのお陰です。盛り上げて踊ってくれて凄く嬉しいですね。

4月末には阪神ツアーも控えてるので、関西でのNACANOも非常に楽しみ♪

6月には、tokyo pinsalocksを迎えての2マンでのFRANKIEEE!! vol.4もあります。

このまま、このグルーブをキープして行きたいですね☆


BGM:The Passion Of Lovers / BAUHAUS
posted by YANA at 03:24| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

BUDOKAN OR DIE

今日はPOLYSICS in 武道館に行ってきました。

アンコールを含め3時間のライブは凄く楽しく、フェスと思わせるお祭り感覚と、どデカい箱のライブハウスのような雰囲気もあり、やはり武道館と唸らせるエンターテインメントを魅せてくれました。

本当に凄いわぁ〜!

デビューから10周年ということだが、10年以上鍛え抜かれたパフォーマンスのスキルは、とてもじゃないけど敵わない。

憧れの武道館に超満員のオーディエンスを迎えて、それは羨ましい限りだけど、この節目を拝見できたことは感慨深いし感激でした。

昨日たまたま、ドラムのヤノくんと通りで擦れ違って「いよいよ明日だね」と伝えたら「ライブの中盤に面白いことがあるんで楽しみにしてください」と言われたのだが、確かにヤノくんに度肝を抜かれ最高にウケました。

ポリは皆それぞれ、空気を作る達人揃いだ。MCも煽りも、間やテンポの運びとタメも天才的に優れている。勢いも殺さない。テンパらないマイペースさも肝が据えている。完璧なんだよね。

武道館は大大大成功だったと思います。

この日を最後に、カヨちゃんがポリを卒業するというのは、当分は絵空事のように実感も湧かないし不思議な感じだけど、これからのPOLYSICSにも期待しているし、カヨちゃんも応援したいし、今まで凄い刺激とエネルギーをもらえた今日のPOLYSICSに心底感謝したいです。

ポリは歳が10個下だけど、知り合って12年ずっとずっとライブバンドとして最も仰ぐ存在だった。これからも、ずっと仰ぎ続けると思うけどね。

そして、カヨちゃんに本当お疲れさまと感謝を☆
posted by YANA at 04:22| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

70 SONGS

先日の3月5日は、新宿LOFTの『続・ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー』にて、ケラ&ザ・シンセサイザーズのライブでした。

突然ではございますが、今回のライブを最後にケラ&ザ・シンセサイザーズを離れることになりました。

元もと、ライブのサポート要因という形で参加していましたので、脱退とか辞めるとか、そういった音楽性の違い的なことではございません。

今後ケラ&ザ・シンセサイザーズが、更なる展開を本格的に再始動するにあたり、ボクもAKUHやGHEEEやNACANOといったメインのバンドを、更に突き詰めて時間を費やしていかないといけないなと、タイミング的に感じていたためです。

振り返ると、2006年10月21日のノー・シンセサイザーズから参加して約3年半(ライブでは4年と言ってしまいましたが)の間、50曲ほど演りました。ケラさん企画でのゲスト楽曲では20曲ほど。今思うと「そんなに演ったのか〜」と感慨にふけます。

そして、70曲分以上の様々な経験や勉強も出来ました。バンマスの三浦さんをはじめ、大将であるケラさんへ改めて心から深く深く感謝したいと思います。

先日のステージでは、ケラさんの計らいや配慮にも感動し、胸がいっぱいになりましたし、オーディエンスの温かい声援にも、込み上げてくるものがありました。

三浦さんや、福間くん、RIUくんも度々笑顔で目を合わせていただき、感激したり素敵な忘れられないライブになりました。

終始緊張で、バスドラを踏むのも足がガクガクで大変でしたが(笑)、無事に終了して良かったです!

お役に立てればと参加したものの、決して100点あげられるプレイかというと、恥ずかしながら赤点ギリギリのプレイだったかもしれません。

ナゴムのナの字もあまり詳しくないボクでしたが、愛情を込めて必死にやって、リスペクトできるメンバーとの経験や、有頂天にまつわるアーティストとの共演などで、とても貴重な時間を過ごすことが出来ました。

今後は、ケラ&ザ・シンセサイザーズのステージをオーディエンスとして楽しむ側になりますが、これからのシンセの偉大なる新譜やパフォーマンスを心から楽しみにしています。

本当に拙いドラムで恐縮でしたが、ケラ&ザ・シンセサイザのファンの皆さま、並びに有頂天のファンの皆さま、そしてナゴム・フリークの皆さまには感謝の気持ちが尽きませんが、本当にありがとうございました。

今ふと我に返ると、シンセサイザーズでの今までのステージが全部夢だったのかななんて錯覚になるくらい、不思議な感覚に浸っています☆
posted by YANA at 01:05| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

AIR

昨日はNACANO@代々木Zher the Zooにてライブでした。

来てくれた皆さん、トップバッターにもかかわらず盛り上げてくれて、本当にどうもありがとうございました!

NACANOが、段々バンドとして大きくなっていってる実感があります。

だからこそ、もっともっと自分内の課題が出てきます。

同じ曲を演るにも、更にシンプルにとか、更に配慮しようとか、更にダイナミズムを出そうとか、更に真っ直ぐを見ようとか。色々です。

中途半端に感じた部分や、どっちつかずな部分も見直して、太くなりたいなと。

何を重視するか、何に終始するかを、本当に忘れてはいけないよね。

ポイントを見極めて、ポイントを押さえて、もっと楽しめる空気を創り、もっと気持ちを解放できる空間を提供したいなともつくづく感じます。

だから、自分の中で無闇に抑制している、無駄な思考を自由にしてやることも大事だなと気づいたりして。

次に繋げて行きましょう(笑)

今回は、去年の10月にGHEEEと対バンしたunkieと一緒でした。

久々に、ドラマーの城戸紘志くんに会いました。

今回も、凄い太鼓を芸術の域で魅せてくれて、気分が高揚しました。流石だわ。とても素晴らしいアクセントを奏でているのが羨ましい。

城戸くんとは、今まで軽い挨拶程度でしか接したことなかったんだけど、今回は楽屋でも打ち上げでも、タップリと話したなぁ。話しは尽きなかったけど。

with hiroshi kido.jpg

彼は、発想や視点から理論に至るまで人並み外れてて、その辺も感心しきりだったな。興味深いし面白かった。凄い研究熱心で努力家で、能動的。

で、城戸くんの愛息子の詩太くんが、更に凄かった(笑)

si-ta_kun.jpg

まだ3歳なのに、超デカい音を鳴らすんだよ。スネアもオープン・リムショットでいい音を鳴らしていた。こんなちっちゃい手でパワーショット炸裂!末恐ろしいわ〜(汗)

もし10年前に詩太くんに出くわしてたら、そっとスティックを置いてたかもしれない☆
posted by YANA at 06:20| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

GHEEE OSAKA

先日のGHEEE@大阪ワンマンに来てくれた皆さま!どうもありがとうございました!!

凄い盛り上がってくれて、ノリノリで感激でした。

ライブは、イベントだっけ??というくらい1時間半が40分くらいに感じて、直ぐ終わっちゃいましたね〜最高でした。

今回は、久々とは云えリリースがあったわけでもないのに、徐々に徐々に動員が増えて、とても嬉しい。

MCは、もっぱら次のリリースを匂わすトークでして、このネタが増えつつあるということは、そろそろレコーディングが近いということでしょう。

ライブで披露していないデモも数曲あるので、可なりお楽しみですよ。

して今回は、梅田のホテルに泊まったんだけど、一人プラプラと散歩して、初めて年季の入ったアーケードを隈無く歩きました。

なんと、余りの回転寿司の多さに仰天。回転寿司好きのオレには楽園ですわホンマ。メッチャたまらんわぁ〜。

もちろん、行きましたがな〜。元禄寿司。

そんなん、東京にもあるっちゅうねん〜。

って調べてみたら、関西エリア限定やんか。

関東は平禄寿司だよ。まどろっこしいわ。

まあ、元禄も平禄も味はそんな大差ないねんけど、回転やからエエね〜ん。一緒に廻しときゃエエねん〜。

で、今回大阪で感動したのは、ボクがドラマーで師匠と仰いでいる、元THE PORTの三島和樹氏がGHEEEに来ていて、数年振りって5年振り以上かな??
会えて感激どころの騒ぎじゃなく、驚き桃の木山椒の木でした。ずっと連絡の取りようがなかったんで、今回やっと赤外線通信しました。

本当に素晴らしいドラマーです。また、機会あったらドラミングを拝み倒したいなー☆
posted by YANA at 04:31| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

GRATEFUL DAYS

今は、GHEEE名阪遠征で大阪に来てます。

で、今夜はムジカジャポニカという素敵な場所にて、近藤くんと深沼くんの弾き語りライブを観ました。

この、お二方の下でドラム叩いてるのを恐縮してしまうくらい、とても凛とした味わい深い素晴らしいライブでした。

アンコールの二人でのGHEEEも、格別だったなぁ。

100227_2050~0001.jpg

明日はフンドシ締め直して大阪ワンマン頑張ります。

そして、昨日26日の名古屋UPSETに来て盛り上げていただいた皆さまに、大変感謝しています。

しかし、MCのタイミングを逃してしまい、SEから11曲ぶっ通しはキツかったなぁ〜

人間の集中力の持続は15分だから、3〜5曲でMCが理想だ。

40分ノンストップは、自分たちの体力よりは、お客さんが途中上の空にならなかったかが、いささか心配でした…ごめんなさいね(笑)

遡って24日のNACANOのライブも来ていただいた皆さまに大変感謝です。

NACANOもライブの本数を増やしてて、日に日に旨味が増してるのが如実に出ていて、演奏のミスを上回るほど良く成ってます。

ハヤシくんも常に色いろアイデアを考えてて、凄いインスパイアされます。
布石という点をコツコツと線に繋げていってるので、ホントこの先も興味深いです。

それで、この間ドラマー飲み会がありました。
ボクの敬愛するドラマーである、MOTOKATSUくん、ポリYANOくん、かどしゅんたろうくん、HAZEくん、PAROCK、井上司、斎藤潤くんと待ち合わせして。

飲みの席では、Dragon Ashサクちゃんや、平井直樹くん、上條欣也兄貴、スネイル石丸くん、有松益男くんと同窓会状態で(笑)

100222_2225~0001.jpg

皆、最高どころじゃない存在です。

ボクは練習しないんでテクニックじゃ勝てないけど、極力良いドラムを叩けるようイメトレで精進しま〜す。

久ちゃん、ムロチン、ターキー、いつも素晴らしい宴をありがとう。

100人超えちゃいましたね☆
posted by YANA at 04:20| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

REINCARNATION

今月は4分の3がリハーサルかライブなので、まじでマッサージに行かないとこの先が危うい…。

しかし、昨日のGHEEEのハードなワンマンから日が明けても身体の痛みもなく、湿布とかエレキバンとかはまだまだ無縁かな。

なんて、意識し始めるところが既に黄色信号なのかも??

まあ、でもホントに、昨日のライブは凄かった。いや〜最高でした。ナーバスにならず、とても気持ちよかったです。

そんな余韻に浸りつつ、今夜は古巣のTOBYASのライブを初めて観に行ってきました。

TOBYASを離れてもう約2年経つんだけど、何だかんだでやっとこさ観れました。

つい先日、鮎貝くんから4月に出るTOBYASの1stアルバムのサンプルを貰ったんだけど、これが可なりの力作でブッ魂消て、そんなタイムリーなタイミングでライブを観れたのですが、まじでGood Show! だった!

新譜をじっくり創る間、凄く凄く頑張ったんだな〜と感じられるくらい、ステージの風格とか安定感とか太さに自信が表れてて格好良かったね。

皆とても華があったし、自由に楽しく泳いでる様がとにかく素晴らしかった。

久々にメンバー皆と握手して驚きを伝えつつ、TOBYASのファンやスタッフからも温かく声を掛けてもらい、とても嬉しかったです。

新譜のリリースを機に、更なる盛り上がりを期待せずにはいられないよ。頑張ってね!!

今日はありがとう☆
posted by YANA at 02:12| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

GHEEE ONEMAN

今日はGHEEEのワンマンでした。

ご来場いただき、盛り上げていただいた沢山のオーディエンスに心から感謝します!

めちゃめちゃノってくれて最高でした!!やっぱ嬉しいですホント。

で、死ぬほどバテるかと思ったけど、気合いと勢いで思いきり行ったけど、タウリン1500のお陰か意外にずっとどこか余裕があって、最後までビシッと行けたので、辛さは無くとても楽しかったですね。

まあ、GHEEEの時はタウリンいつも入れてますが、立ち上がりが良かったですね。前半飛ばし過ぎないのが◎ですからね。

とは言え、余裕あって余計なことをして、度々コースをはみ出したり、転倒しかけたりしましたが、なんとか完走したものの自分に何度かFuck!!って言ってやりました。

しかし、1時間半のライブは一瞬で終わり、それは良い傾向でそこの課題が最も重要ですので、クリアできて良かったなと思います。

次のGHEEEは、来週末にこの勢いで名阪です。名古屋は素敵なイベント、大阪はワンマンです。楽しみです。

そして、今日の終演後はQueにて深夜の部があったので、中打ちはせず早々に引き上げ、GHEEEメンバーはそれぞれ帰路に。

ボクは、遊びに来ていただいた朝本浩文師匠とマッドカプセルのMOTOKATSUくんと下北で一杯やって、格闘技の話しとか(笑)色いろ楽しく飲んで終了。

本日も素晴らしい日でした。ありがとうございました☆
posted by YANA at 02:41| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

TAURINE3000

明日(日明けて本日)GHEEEのワンマン@下北沢CLUB QUEです。

10月から4ヶ月半振りのGHEEEライブですが、ブランクはあったものの、それぞれ皆が忙しく音楽活動をしていたため鈍った感はなく、むしろ新鮮な空気感がありました。

そして、定番の曲はもちろん演りますが、深沼くんと近藤くんの新曲も演りますので、楽しみにしていてください!

深沼くんの新曲のうち1曲は、ボクにとってここ数年で(5年内でも200曲以上演ってますが)最も手こずってる曲がありまして(笑)、その辺も楽しみにしていただけると、面白いかもしれません。

しかし今日、ゲネプロというより、所謂通しリハーサルを行いましたが相当バテましたんで、明日のワンマンは翌日の身体のことは考えずリポDタウリン3000程を注入してですね、ヘロヘロになることは察しがつきますが、頑張りたいと思います。頑張らなくても終演後はガソリンがエンプティになっていることでしょう。

しかしながら楽しんでいただけるよう、いいノリを心掛けますのでヨロシクです☆
posted by YANA at 03:07| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

SENSE

NACANOのイベントの次の日は、再び深沼くんプロデュースのバンドのレコーディングにてドラムのチューニングのお仕事でした。

ドラムくんと曲毎に相談してマッチした音作りができたので、自分が満足しちゃった感じですが、それも大事ですね。

ウンチクは語らず。感覚で、右脳を働かせてね。

ボクは、情報や理論や知識を以て作品を創ることが苦手なので、ピンときた直感や巡ってきた判断に委ねて作業するのに時めきを憶えます。

そのとき降ってきた閃きとの一期一会や、偶発的なサプライズを大事にしています。

要は計算通りに行かぬであろう物事に対して、前もって計算しないというね。事前に「あ〜しよう」「こ〜しよう」と考えない方が上手くいくというタイプなのです。

こういうタイプは、理詰めで攻める人みたいな説得力がないのが玉にきず。なワケです。普段はね。まあ、説得しないけど(笑)

云っても、今回とても良い仕事ができたのでバッチリでしたよ。

チューニングの仕事の後は、シンセサイザーズのリハーサル。今回も初トライの曲があって、色いろとアレンジを見直しながら、今回(3月5日)のメニューも課題が沢山です。頑張らねば。

そして、昨日は深沼くんのソロワークである"Mellowhead"プレゼンツのイベントを観に代官山UNITへ。やはり満員だったので物販のところで拝見。

深沼くんだから実現できる素敵なラインナップでの企画は、鉄板イベントとして今後もこれからも楽しませていただきたいなと、切に感じました。

mellowhead.jpg
写真だとステージが全然ちっちゃ過ぎて、貼るに及ばない感じだが…。

Mellowheadのメンバーに、アイゴン、片寄くん、西寺郷太くんと、ステージ上のあまりの豪華さに珍しく写メをパチリ。貴重すぎる画だね。

呑気に堪能しちゃったけどもう、今週末はGHEEEのワンマンが控えている。深沼くんは忙しい中にもかかわらず、身震いするような勢いに満ちた新曲を2曲も作ってきた。次のステージで披露できると嬉しいな。

間に合うようにリハーサルを頑張らねば。

そしてそして、昨日の深夜は三宿Webへ。

ナガサワ店長の恒例バースデイのイベント。超満員ですごい盛り上がってました。ナガサワさん改めてオメデトウございます!!

今年初のWeb。そして、今年初の朝本浩文師匠のDJを満喫。最高でした。

また気の抜けない日々が始まるので、感覚を研ぎ澄ましてキープして頑張ります☆
posted by YANA at 03:00| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

FRANKIEEE!! vol.3

今日は昼前辺りからNACANOライブの入り時間まで、深沼くんがプロデュースしているバンドのレコーディングにて、ドラム・テクニシャンとしてチューニングなど致してまいりました。

丸1日レコーディングに携っていたかったけど、ドラムセットとスネア3台を音作って、録音1曲目を聴いたところで後ろ髪を引かれつつスタジオを退散。

しかし、出来上がりが既に楽しみな、とても良い雰囲気をもったバンドでした。

そして今夜は、NACANOがオーガナイズするパーティー・イベント『FRANKIEEE!!』の第3回目でした。

いつもながらに、盛り上がってくれて毎度感動ものの至福の時間です。

来てくれた皆さま、本当にありがとうございました。下北沢THREEのスタッフの皆さまと、NACANOスタッフの皆にも感謝です。

そしてそして、今回出演してくれた"FOE"と"LOVE AND HATES"、FRANKIEEE!!のレジデントDJといっても過言ではない"KinKieS"へも大変感謝です。

もはや、すべらないイベントですかね(笑)

ライブも、ここ最近では可なり上位のパフォーマンスができたかなと、自他共に感触は最高でした。

アイゴンは、13日の"mellowhead"企画のライブに参加するので、とても楽しみにしています☆
posted by YANA at 03:49| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

HAPPY WEDDING

今夜は、ケラさんと緒川たまきさんの結婚パーティーに参加してきました。

都内のライブハウスで行われたのですが、やはり可なり大勢の方々が集い、これだけ沢山の素晴らしい知人や仕事関係者などに慕われるご両人は、流石だなと元々感じてはいたものの、改めて素敵だと感動しました。

そして、ライブが沢山(10組くらいでしょうか)の錚々たるアーティストで次々と披露されたのですが、そのトリを新郎率いるケラ&シンセサイザーズで締めくくり、宴は終了しました。

この様なパーティーでは、ラフに呑気に騒ぎながら食いながらリラックスして楽しみたかったのですが、まあ〜やはりお約束の如くメチャンコ緊張しました。昼過ぎの入りから(笑)。メチャンコっていう言葉が何億年振りに出ちゃったくらいに。

それは、少々大袈裟ですけど。でも、きっとこういった催しでは出演者は緊張しちゃうものですよね。司会やスピーチなんて特に。フレンドリーなアットホームさにやはり厳かさが合体してるんで。

そして、本日の個人的なサプライズですが、有頂天のドラムのジンさんとは初めて(初めてなんですよ)ご挨拶がやっとできたことでして、とても感激いたしました。

色んな方とお会いできて、お話などもでき厳か、とてもハッピーに満ちたパーティーでした。

有頂天やシンセサイザーズの曲名には"HAPPY”という言葉が入ってる曲が沢山あります。

ケラさんは、どれだけの人々をハッピーにしているのか計り知れないですが、これからもご当人の幸せが、ずっとずっと永遠に続きますように☆
posted by YANA at 02:19| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

NHK HALL

いやはや〜時の経つのは早いもので、もう2010年の1月も終わりですね。

ケラ&シンセサイザーズのライブから、FLOPPYのレコーディング&ライブ、そしてNACANOのリミックス&ライブ2本とか、元旦の翌日から中旬までガッツリとミッチリと過ごしておりました。

そして、中旬以降は韓国のバンド"9namguayeoridingstella"を友人の伝手で観に行って仲良くなったり、"N.E.S."のラスト・ライブ前の東京ワンマンを観に行って感動したりしていました。

更に振り返ると、FLOPPYで対バンした中野テルヲさんの芸術性とパフォーマンスとアバンギャルドを貫いたサウンドの格好良さに偉く鳥肌が立ち、全ての感覚を釘付けにさせられ、嘗てない物販コーナーでCDを買いたい衝動に駆られ、逸し買いそびれたり。

"トレモロイド"というバンドが、アコースティックのセットだったけど偉く良て、通常のステージを痛く観たくなったり。

"Quizmaster"というバンドを知り、音源聴いたら気を失いそうになるくらい良くて、いてもたってもいられなくなったり。

2010年も早々に素晴らしい音楽と巡り会い、沢山の刺激をいただいています。

そして、今夜は深沼元昭くんに招待してもらい、浅井健一さんのホールツアー最終日にNHKホールへ行ってきました。

ベンジーさんの魅力や世界観は言わずもがなですが、深沼くんのギターに徹する姿も相変わらず魅力的で流石に格好良かった。
ベンジーさんと対極的なアプローチだと思うんだけど芯ではルーツとか繋がっている感じがして、甘さを引き立てる塩的な要素は偶発性か意図的か定かじゃないけど、塩梅が絶妙だった。

ドラムの椎野恭一さんは、柔らかいのに突き刺さるドラム。それでいてノリがビッグビートだから迫力が違う。そして何より、スネアの音色が曲によって七色に変化する。このタッチを味わえるのは自分の記憶的には椎野さんだけだ。圧巻である。

2月のワンマンを控えるGHEEEに向けて、とても気持ちが引き締まる部分もあったけど、せせこましい演奏ではなく大らかに世界を伝える感覚に気づかされたのでした。

全然、旅行とか行けてないけど、こうやって色んな素敵なライブで素晴らしい景色を拝むことができて、自分も素晴らしい景色を提供したいと思うわけです。そして深沼くんに心から感謝を☆
posted by YANA at 03:44| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。