2009年12月17日

SNARE

vezの解体の話しで、ライブでの感想何ぞを書き忘れたのだけど、先日の新宿RUIDO K4でのイベント。とても楽しく過ごせました。

CROWNの有原クンへ大変感謝です!vezのラストを見届けてくれたオーディエンスへも心から感謝です。

vezのメンバーは、皆凄く面白くて良い人なので友達として今後ともヨロシクです。

しかし、今回はex.SHAMEの"Everything Must Pass"を初めて拝めたんだけど、凄く良かった。うん、素晴らしかった!!

正直、SHAMEより好きかな(笑)。全員の旨味が出過ぎだよ。美味しゅうございました。麺はコシがあって、スープはパンチが効いてて、焼豚はジューシーで、煮卵は絶品でね。
って、ラーメンなんかに喩えて申し訳ないんだけど、美食家ならぬ音通を、これからもっと唸らせて欲しいですな。

楽屋でも、CUTTクンや、KOSHOクン、TAKEYAくんと懐かしくも、ずっと話してて面白かった!彼らはホント楽しい。

で、ドラムのJUNクン。以前にBRAZILIANSIZEのナイスガイなドラマー、PAROクンに紹介されて以来の対面だったけど、彼は良いものを持ってそうだな〜なんていう印象があって、…やっぱね。

スネアが超格好いい。

ドラマーが、ドラマーを讃えるとき。やっぱ「スネア良いね」は、可なりの賛辞である。言われたら嬉しいし、ヤラレたらスネアを絶賛しちゃう。

「上手いね」は全然喜ばしい褒め言葉じゃないしね。ドラム初めて3ヶ月目くらいだったら嬉しいだろうけど。プロ野球選手に「野球上手いですよね」って言わないでしょ。天然な人以外。

超スゲーとか、激ヤベーとか、本気ハンパねーとか、最高アチーとか、ファッキン何とかー、…とかまあ色々あるかもしれないけど。

ZEPPET STOREのときにアメリカ西海岸ツアーで「Amazing!!」って言われたんだけど、瞬間にアメージングの意味を知らなくてね。
PEALOUT時代に高橋クンはアメリカで「Oh〜!KAMIKAZE」って言われたらしい。羨ましいぜ。

しかし、クる感じのドラミングはスネアで翻弄されるわな。

小賢しく撫でるのでもなく、無骨に殴りつけるのでもなく。聴いた瞬間「あ。」って言っちゃう感じ。

JUNクンは、もちろんリズムも気持ちよくて1曲1曲が短く感じた。後ろで立って聴いてても肩がこったり疲れない。とても楽しませてくれる。

今年も、素晴らしいドラマーを幾人と観て刺激をいただいたけど、彼もまた最高のドラマーだ。

まあ、もちろんオレも最高だけどね! て言えるオレになりたひ(泣)☆
posted by YANA at 05:03| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。