2009年11月03日

SUFFER

いや〜不覚にも風邪を患ってしまったらしい。

ここ最近、疲労が蓄積していたんだろう。最初は鼻水だけだったので花粉だと高をくくっていたのだが、昨晩から今朝にかけて喉の痛みが酷くなっていた。

鼻水が出てから6日目にして喉が痛くなったんだけど、熱が出ていないので今度はインフルではないと高をくくってみる。

しかし、連日のリハーサルと今週はNACANO主催のイベント、来週末からFLOPPYのツアーと気が抜けない日々が続いているので、気を抜いていないのに患うとは納得いかない。マスクと手ピカジェルはちょいちょいしていたが、うがいはしていなかった。やはりマメにイソジンてことなのだろう。

ていうか、ここ数年で日々の生活において抗菌、除菌に拍車がかかっている昨今。免疫力は低下してるのだろうか??乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は別として、いわゆる細菌は体から取り去りたい症候群になっているね。確実に。

以前何かで「地球の健康を蝕む最も悪質な菌が人間である」といった喩えを耳にしたことがある。言い得て妙だ。そんな人間が日に日に除菌に執着しているのだから、いつまで経っても矛盾した生き物なのだなと感じてしまう。

そう考えると、インフルエンザも年々あの手この手で仲間を繁殖させ、支配しようと必死なのかも知れない。少子化で未来を懸念する人間と一緒でね。経済難で少子化になったのに経済のために繁殖しろと言ってるのだから。

しかし、まさか地球にとって人間に対するせめてものワクチンが、台風や地震などの災害を起こすことであると想像したら、全くもって切ない話しだ。

若しくは、地球にとってのタミフル的な役割が、人間に向けてのウイルス攻撃であれば、何に対してか分からないが本末転倒的なバトルである。

人間は長年、善玉と悪玉が常にバトルを繰り広げているわけだけど、所詮は愚かな目先の平和vs経済の戦いだ。まさに風邪のような周期でね。

インフルエンザは本能とはいえ、何を目的に年々リニューアルして繁殖しているのだろうか…

もし、知って凄いショック受けたら嫌だけど、一言「全てはお金のためだよ」って言われたら呆れて笑うしかない☆
posted by YANA at 18:16| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。