2010年09月28日

MAJESTIC

今月はさり気なくCDを2枚リリースしました!


先ずはNACANO!!

9月3日/4日と行われた"NACANO presents FRANKIEEE!! with THE PASSIONS"の東阪に合わせて作ったSPLIT SINGLE『NACANO x THE PASSIONS』

NACANOとTHE PASSIONSの各3曲の計6曲。

↓の各マイスペースで聴けます。

《NACANO MySpace》
http://www.myspace.com/nacano
《THE PASSIONS》
http://www.myspace.com/thepassionsjapan

エレポップもニューウェーブもダンスロックもハウスミュージックもディスコパンクも全て丸飲みして、漸く独特のグルーヴとカラフルな世界観を自然に放出できるに至った感が強いNACANOも、イベントの盛り上がりも好調でフロアとの呼吸が一層キラキラと輝いてきた。

THE PASSIONSとの出会いや絡み合いもより深まって、沢山のオーディエンスとの信頼関係も確かなものにできた貴重なイベントだった。

因みに「DANCE IS LOVE」は、ボクがデモでオケを作ってハヤシくんにメロと詞を付けてもらった曲。これからも閃いたら曲を提供していきたいなと思ってます。


そしてAKUH-鴉空!!

9月22日に行ったワンマン"Red Counte"に合わせて作った3曲入りシングル『Red Counter』

↓のマイスペースとオフィシャルサイトで聴けます。

《AKUH-鴉空 MySpace》
http://www.myspace.com/futoshitakagi
《AKUH-鴉空 OfficialSite》
http://akuh.seesaa.net/

フトシくんもボクも、それぞれタイトな活動をしている中での久々の融合だったけど、合わせたらパワーアップしていた(笑)。そして偶発的か意識的かは定かじゃないけど、更なる脱皮を始めた感が強くなるCDであり、ワンマンのステージでもあった。

歪んだアコギでの弾き語りとブラシでのドラムというスタイルは5年目に突入しているわけだけど、フトシくんの乗り越えたい表現が見えてきたのは、次章へ結ばれ鮮やかに進化してゆく予兆でもある。

そんな二人が必死に立ち向かってゆくステージは、まさにファイト一発のCMさながらのライブだったのだろうか(笑)


会場に来てライブを盛り上げてくれた皆さん、そしてCDを購入してしてくれた皆さん。心から感謝です!

NACANO、AKUH-鴉空それぞれのライブは、個人的にはどちらも何振り構わず自分に堂々とプレイする。ということに徹底してみました。

今まで、ドラム始めて「俺どうよ↑」から始まり、「俺はまだまだ↓」という流れで今に至ってるわけだけど、なかなか自分にスタンディングオベーションできるステージをすることは皆無とは言わないが、非常に稀であり殆ど味わえない。

しかし考え方一つだし、捉え方や見つめ方次第で自分に賛辞を送れることも可能だ。

他人を否定したり批判したり批評することは容易だし、それが自分を向上させ肥やしになりモチベーションが上がるかというと、なんの良い影響にもならないし腕が上達するわけでもない。

そして、自分自身にダメ出ししたり、納得いかずに落ち込んだり、外したことを責めてディスったりするのも、ステージ上では絶対出しちゃいけないと思ったし、そんな残念なシーンを見せても残念なだけだ。

エラーして悔し涙を流しながらプレイする高校球児の様に、ミスって涙しながら演奏するくらいなら感動を呼ぶかもしれないけど…。

そんなことを日々考えつつモードを切り替えていくっていうのは、色んなライブを観てきたり、色んなライブを経験してきての結果というか、今のところ行き着いたベストの表現かなと。

「人に対しではなく、自分に対して堂々と」

というとアマチュアリズム的な感覚として捉えられるかもしれないけど、あの頃の無垢で自分に向き合った時とは違う目線で。

何かに強いられて表現するプレッシャーでの委縮した感覚は振り払って、ドラムを始めた頃のような自分を直向きに楽しむ感覚を、自己満や趣味的ではない形で披露していきたい。

たまたまだけど、先日に対バンしたオーストラリアのバンドは、モニター環境が良くなかったためか演奏が可なり酷かったんだけどノリノリで「かかってこい!」的な圧倒するパフォーマンスで会場を沸き立てていた。

更にボクの感覚とタイムリーにリンクして「これだ!」と感じた。

結局ステージとはそういうものだ。

言わずもがな、この様な感じを全うしているアーティストを沢山見てはきたけど、大事なのは自分がどうなのかである。

培ってきた様々な要素を合わせた上で、これを全うしたい。

もう十分に手探りはしたかな。

プレイがブレないようにね☆
posted by YANA at 02:28| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

STACK

いつの間にか9月に突入してしまいましたね。

8月はただただ暑かった。気合いの入った猛暑が連日訪れては、私たちから絞り出た汗は気体となって雲にでもなったのだろうか。

しかし、そんな夏の残暑真っ只中で8月21日のGHEEE@渋谷MilkyWayは、過去より更に賞賛を浴びたライブだったそうです。とても有り難いです。

GHEEEはライブ毎に何かを更新し続けている。

何かは分からないけど、自己ベストを徐々に更新していっている気がします。

当然といえば当然だけど、常に自分のプレーは最低限でMAXを出しているわけだから、それ以上の何かはそのときの降ってきた何かと相まってプラスされてるのかもしれない。

しかし、毎回MAXを出すライブは出番前に恐くなることもあるし、思ったようにエンジンがうまく温まってくれないときもある。

そして、ステージに上がって「バーン!」と音を出すと、一瞬で不安や怯えが消えて気持ちよく離陸できるときもあるし、ちょっと機体が揺れて余計なところが力んでしまったりもある。

でも、どんなことがあっても大丈夫とか、これで良いんだとか、全然問題無いとか、バッチリだとか、そういった気持ちで演るだけで、格段にライブは太くて大きくて前向きなものになるんだ。

そんな気持ちを抱え、今週の頭(8月末)にGHEEEの3rdアルバムに向けてのレコーディングも開始された。

最初の2日間は、メインはボクとヒサヨちゃんのリズム録り。

2日間で十数強録ったのですが、2nd「レコンキスタ」より全然レベルというかハードルが上の楽曲ばかりで、正直レコーディングがスムーズに進むかなんて全く自信が無かった。

しかし心を無にして、ひたすら邪念を払いながら今ある全てを素直に放り込んだ。

後から録音したリズムトラックを聞き返したら、第三者の自分が欲をかいて「もっとこうすれば」とか「もっとああしてみたら」とか言えるというのは本当に素晴らしいテイクが録れた証拠。次に繋がる上でも。

これから、ギターや歌やコーラス。そしてミックス。マスタリングへと流れる工程でどんどんブラッシュアップしていくことを想像すると、更に楽しみでならない。

間違いなく前作よりも高いスキルを要した新作なのだが、前作から現在に至るまでの積み重ねの正に賜物だと思っている。

ライブ本数やリハーサル回数は少なくても、イメージやメンタルやテクニックは自ずとではなく、意識してじっくり丹念に磨き上げてきたからね。

次回のGHEEEライブは10月12日に下北沢CLUB Queでのワンマンが、2010年の締めのステージになります。新譜からの未発表曲も演りたいところですね〜お楽しみに☆
posted by YANA at 04:14| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。