2010年04月24日

RACING

昨日はGHEEEライブが下北沢251にてでした。

観に来ていただいた皆さま!盛り上げてくれてありがとう!!

昨日は、楽しさ半分、ドラムセットとの格闘半分で(笑)、なかなか凄いライブでした。がっつり温泉に浸かったような脱力感と満足感。

で、ドラマー仲間であるBRAZILIANSIZEのパロくんと、direction of the chordの司くんが来てくれてたので、打ち上げで一生懸命ドラム面の言い訳(笑)

しかし、あらためてGHEEEはボクにとってレーシングのような感覚に近いかもと感じさせるものがありました。

勿論、耐久でもないし規定や制約などないけど、セッティングに対するコントロール、状況での読みや環境との駆け引き、加速や減速のギヤチェンジ、急展開のGに対抗したり、ニトロのペース配分とかね。そして、たまにピットに入れないときもある(笑)

たまたまだけど、昨日はそう感じたライブでした。まあ、当然フォーミュラカーとか乗ったこと無いけどね。カートは1回だけあるかな。

でも、そんな必死に格闘してる部分も含めて、観てる人に楽しんで欲しいし、味わってもらえたら幸いであります。

そして、何よりフロントの3人に気持ちよくなって欲しいのと、入り込んで欲しい。

環境によって時には、ノリがぎこちなくないか、演り難くないかと心配になることがあるけど、幾つかのステップを越えてきているメンバーだから、場面で反射的にベストな方向へ転換してるんだなと実感したり。

やはり貴重な1回のライブは、心でも記憶でも印象でも思い出として何か残ればいいなと願います。

そして、プレイは完璧主義ではないけど完璧を目指す性ではあります。

でも今回は、深沼くんがこの上ない嬉しいことを日記に書いてくれて、GHEEEに参加して色々個人的な課題はあるんだけど、深沼くんに認めてもらうことは大きな課題でもあったから、一つ認印を押してもらえた感じでとてつもなく感激でした。

こう書くと深沼くんが偉い風に映っちゃうかもだけど(笑)、酷いドラム叩いてもダメ出ししないし、細かいとことを指摘したり注文を押しつけることもない。近藤くんもね。AKUHもNACANOもそうなんだけど。

だから欲しているであろうことを、もっともっと色々と感じとって、もっともっと反映させていきたいなと思っています。

音楽は大切な人へのプレゼントだからね。漠然とした物を「コレあげる」って渡しても困ると思うし、奇をてらい過ぎても滑りかねない。

どんなプレゼントをしたら喜ばれるかなとか、今何をあげたら嬉しいかなとか、何をしたら驚くかなとか、ワクワクしながら届けたい。

あ、プレゼントと云えば、深沼くんがファンへ向けて素敵なアイテムを作っていました。これは欲しいよね!GHEEEのアクセサリー。持ってたら羨ましいな。
http://k-a-g.com/

次回のGHEEEは、4月30日に下北沢のQueで。より素敵な音のプレゼントを贈るので楽しみにしていてください☆
posted by YANA at 04:55| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

KICK IN THE EYE

昨日もNACANOを、そしてイベントを盛り上げてくれたオーディエンスの皆さん、どうもありがとうございました!

イベントタイトルの『kick in the eye』は、BAUHAUSで唯一??のダンスナンバーの曲名。

ハヤシくんのセンスは、いつもツボで最高す。

BAUHAUSは高校の時分にXTCと並び、ボクに最も影響を与えてくれた憧れのバンド。

今回のイベントも対バンが皆とても素晴らしくて、5バンド全てが未来を感じさせる、ある種フェスがかったイベントでとても楽しかった。

特にボクは"DUB STRUCTURE#9"が最高にツボで、めちゃ良かったな。またライブ観たいのでドラムの大倉くんとは、早速Twitterでフォローし合ったよ。

モンブランはNACANOを凄く慕ってくれて感激と感謝でいっぱい。今度ヨーロッパのでかいフェスに出るみたいだけど、彼らも完全に洋楽だしね。メンバーにZEPPET STOREファンが居たのが驚いた(笑)

"Large House Satisfaction"のドラムも良かったな〜。バンド自体も可なり人気出そう。注目株だね。

"golden"は拘りを感じる、拘りに安心できる、拘りに委ねられる素敵なサウンドだった。拘りを貫くって絶対的な信頼を得るからね。

その点、オレは拘らないのが拘り…かな(笑)ははは。

次回のNACANOは、ハヤシくんに一番盛り上がっていただきたい"阪神"ツアーです!トラッキーの応援グッズ持参でヨロシク♪♪

因みにボクは、金本選手や下柳選手と同い年です。

阪神ツアーの詳細がアップされているので、NACANOのサイトをチェックくださいね☆
posted by YANA at 15:23| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

EMPATHY

昨日はGHEEE@吉祥寺でした!

プラネットKは、なかなか演りやすい箱でしたが、後半調子にのってまたしてもウカツに走ってしまった。

気持ちがどんどん突っ走り、身体が必死で追いかけて、脳がふかんでそんな状況を冷静に見てるという「心技体」がバラバラになりそうな、ギリギリ感。

でも、それはセットメニューの流れと、オーディエンスの醸し出す空気と、ステージ上の暗黙の雰囲気によって向かうのです。

来てくれた皆さん、声を掛けてくれた皆さん、本当にありがとうでした!今月は22日と30日にGHEEEライブ控えてますので、また勢いある尖ったライブをガツンとお届けしたいなと思います。

メルマガの件ですが、沢山の「継続希望」という何とも有り難きメッセージをいただき、告知など今までどおり機能させていきます。お騒がせした感がありすいません(笑)

で、メルマガ代わりに始めたTwitterですが、始めてみて可なりの祭り状態に呆気にとられましたが、既に友達も大勢やっていて色いろさえずってみようかと思います。画期的に使いますよ。

yana_dryasdustです。

しかし、メールからスレッドとかメーリングリストとかチャットとかソーシャルコミュニティーとか、どんだけ人々は様々なコミュニケーション手段でメッセージを交信し求めゆくのであろうか。

と、ブログを書きながら考えたりして…。

行き着くところ音楽もそうだけど、共感を求め、ハートを掴みたいという衝動が「目の前の君へ」から「世界中の皆へ」と潜在的に向かって行くんだね。

要は心で感じた何かを、何らかの物理的フィルターを使って伝えて分かち合いたい。

そして最終的に何を心に吸い込んで満たしたいのかは、ずっと神秘的なままでいいのかなと思うけど☆
posted by YANA at 01:43| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

TWITTER

昨日は、NACANOオーガナイズ・パーティーの『CLUB FRANKIEEE!! vol.4』でした!

メンバーのまったり、くつろぎモードの趣旨に反し上げ上げのセレクトでせめてしまい、すいません。

毎回テーマを考えて望むんですが、今回は三宿Webモードでお届けしました。

四つ打ちを繋ぐ以外に芸がないのですが、やはり定番のアッパー・キラーチューンをかけると盛り上がりますね。機会をみて往年のヒット・ナンバーだけをかけるDJをしてみたいと思います。

セレクトが上手くいくと、いつも沢山の人が声を掛けてきてくれて嬉しいんですよ。

昨日は、ゲストにDragon AshのサクちゃんがDJをしに来てくれて、彼のユニットである"endive"の曲とか、彼のリミックスした音源とか沢山かかって超カッコイイのでした。

endive観たいです!!

サクちゃんはZEPPET STOREとDragon Ashとかでイベントをいくつか回ったときに、まだドラムを初めて2年くらいとか聞いて「スゴイ!」と思ったんだけど、それ以上に今に至るまで日本でリズム感が天才的だと唯一感じたドラマーなのです。

まあ、世界一リズム音痴と自負する私からそんなこと言われても何だと思いますが(笑)

Edge Endのミキサーに色んなエフェクターが装備されていて、昨日それに初めて気づき遊んだんだけど、DJの後半はオレとサクちゃんで交互に回して繋いでいったんだけど、エフェクターで盛り上げって遊んでいる打ちに1時間半くらいやっちゃいました。終電ギリギリまで。

with_saku.jpg

時間が短く感じて、もっとEdge Endに居たかったけど、本日はGHEEEのライブもあり、昨日は張りに張りまくっていた背中をマッサージしてきたので、大事を取り退散。

昨日、色いろとTwitterについて聞いたんだけど、自分なりの使い方が何となく見えたので始めました。

今まで、メルマガというツールで告知など(しきれてないけど、汗)を配信していたんだけど、携帯登録の方も居るので好きな時間に気ままに送信できない現状がありーの(特に深夜)、自宅のPCからでしか送信できない難点もありーの、でTwitterを利用して急な告知とかをつぶやこうかと思っています。

Twitterって、小鳥のさえずりという意味だったんですね。つぶやくっていう一人小言をブツクサ言う印象にネガティブだったんだけど、さえずるっていいよね☆
posted by YANA at 13:56| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

SIMPLE MIND

先日の28日は3ヶ月振りのAKUHライブでした。

フトシくんと会うのも3ヶ月振り。

今回はリハーサルに入るタイミングがなくブッツケでしたが、AKUHは下手にリハーサルで合わせるより、いきなり二人で集中して演奏した方が、張り詰める大切な部分が緩まなくていい。

レコーディングでもそうだけど、1テイク目が良い理由って、不慣れだからこそ全てを一つ一つ大切に意識するという姿勢に秘められているんだな。

テイクを重ねると、前のテイクの気になる部分ばかりを意識しちゃったり、馴れ合いで色いろ意識があさって行っちゃったり、全体に集中する意識が欠落するんだよね。

無意識に。

それと、生菓子くらい日持ちしないAKUHなので(笑)、リハでの二人の素晴らしいテンション感を本番当日まで維持するのはなかなかね。必要な仕込みが無ければ、当日「せーの」で演ったほうがお客さんへはより美味しく提供できるのだ。

まあ、リハで超良かったテイクをライブにて披露するのがプロなのだが、悲しいかな人間は超納得のいくものをこなすと更なる背伸びを目論むか、燃え尽き冷めるかのどちらかなのでね。

とどのつまりAKUHは、リハで最初に合わせるテイクが、めっちゃ良いんですわww

だから、出来れば演り慣れた曲は復習ナシのブッツケで行きたかったなと。

しかし今回は、これでOKだったかなと思うし、客席を一度たりとも見なかったくらいフトシくんとドラムに集中しました。

熱い反応を返してくれたオーディエンスの皆さんには、心から感謝します。

次のAKUHは、5/22の池袋BlackHoleと、5/31の渋谷某所にてライブが決まっております。新譜もそろそろ制作に入ります。

とにかく、フトシくんと会うのも合わせるのも心待ちにしていて楽しみだったし、AKUHファンに会うのも楽しみだったし、ライブは気持ちよかったしシンプルでいいよね!

それで、素晴らしいものを皆の心や手元にちゃんと残せてたら、それが全てだね。実にシンプルだ☆
posted by YANA at 02:50| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。