2009年07月05日

FLOPPY REC

今日は、ケラ&シンセサイザーズと渋谷CLUB QUATTROにて対バンする"FLOPPY"のレコーディングにて数曲ドラムを叩いてきました。

Floppy Rec.jpg

今回、KIMONOレーベルの三浦さんプロデュースのもとで、秋に発売予定みたいです。そういえば、KIMONOから出るかは聞いてません。

しかし、今回の録音はボク個人の中では新境地というか、初と言っていい試みでして、、、

デモが完全打込みのため(というか元々打込みテクノ・ユニットなので)、リズムも既に完成されており、生ドラムの入る余地がなく、予習で聴いたものの、全然、全くどういう風に生ドラムを入れるべきか散々悩みました(汗)、いや、生ドラム要らないでしょと。

今までは、打込みで生ドラムをシミュレートしたデモ音源を元に、生ドラムで再現するのが殆どだったので、打込みで完成された楽曲を「生に差し替えるので」と投げられても、「DEPECHE MODEの『People Are People』を生でロックぽくするのでお任せします」って言われてるような、「いやいや、生じゃなくてコレでバッチリじゃないすか」と感じるモノで全くもって困り果ててレコーディングに挑んだのであったのであった。

アタマ真っ白で何も浮かびません。。。

なんてなんて、不安を露わに御託を並べておりますが、実際いざ録ってみるとですね、さすがエンジニアの福原さんの音作りの手腕と、プロデューサー三浦さんの冴え渡るディレクションによって、すこぶる生ドラムが馴染んだトラックが次々と完成されたのでした。めでたしめでたしである。よかった。てか、めちゃめちゃイイ感じです!

音決めのあと、約6時間でノルマ4曲。無事の良い仕事ができたかな。

そして今回の絡みを機に、今度のQUATTROにてFLOPPYのステージに数曲ドラム参加することになりました。

FLOPPYのメンバーとは初対面だったけど、とても好青年で良かったです。無口で人見知りだったらどうしようかと思ってたので(笑)

今後、年内のどこかのタイミングで彼らのライブ・サポートをすることになりそうなので、すごく楽しみだなと思いました。

ボーカルの写楽くんのブログで今回のREC感想を載せてくれてるのかも。よかったら覗いてみてください☆
posted by YANA at 02:56| BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。